FC2ブログ

    【無料版】ロリ顔な細身のあの子は敏感体質女子大生。時に大胆に。。 (吉原/ソープ)【○○○】さんレポ

    暖かな日差しの中、すれ違う街の人々。


    人それぞれに歩んで来た道があり、ドラマがある。

    何を思い、どこへ向かい歩いているのだろうか?



    そうだ。吉原へ行こう。










    おもむろに携帯を取り出し電話をかける。


    気になる子は何人もいたが

    どうにもこうにも気になる細身の子が目についた。




    日記には、顔こそ出てないものの

    スタイルは自分好みでしかないのだ。




    これは確かめなければならないと

    どこからともなく沸いた使命感から足を運ぶに至ったわけだ。






    送迎者では同志と共に揺られ

    これから向かうのは戦場なのか楽園か。

    それぞれが待ち受ける結果を受け止めに行くのだ。






    ここのボーイは個人的には好きだと思う。


    特筆して気さくだとか良いとまではいかないが

    丁寧で程よい距離感で接している。


    こんな所も再訪の理由のひとつになったりもするのだろう。





    そして、相も変わらず事前アンケートでは着衣を希望する。


    少しずつ脱がしながら白い柔肌を拝見したほうが

    個人的には気持ちが高ぶるからだ。





    ボーイに呼ばれカーテンの前に立つ。



    その1枚の布切れをめくるその瞬間はいつも緊張感がある。

    この先今日1日の感情が良くも悪くも分かれる瞬間であるのだ。




    『はじめましてぇ、こんにちわぁ☆』













    。。。。。。














    どうやら今日は良い1日になりそうだ。











    写真と雰囲気こそ若干違うものの



    猫目で可愛らしい表情だ。



    が故に、笑うと目がなくなるタイプの子である。





    このタイプの子の笑顔は個人的には良い子が多いイメージなのだ。

    性格が滲み出るような温かみのある、そんな雰囲気が漂っている気がする。









    部屋について

    他愛もない話をしながら探り探りお互いの距離感を詰めていく。


    この子はどんな子なのだろう?

    と予想しながらこの後の流れを組み立てて行く。




    どうやら彼女は女子大生らしい。


    たしかに偽りなく女子大生であろう。

    それどころかその若々しさがもっと下にも見える。



    制服が絶妙に似合っていると思うほどだ。


    着せられてる感もなく

    そこらに歩いていてもおかしくはないぐらいに





    なんとも絶妙なのだ。






    そして、申し訳なさそうに膨らむ未発達な胸に

    スラリとした白く細い脚

    全体的にバランスのとれた小柄なシルエット








    申し分ない。









    申し分ない。




    むしろお礼を先に言っておきたいとも思ったのだ。
















    ありがとう。。。。。










    話し方も、おっとりではないが

    物腰柔らかい雰囲気で


    明るい少女といったところだろうか。



    そして細かな気遣いが出来る。



    まだ何もしていないのに

    自分の中での評価は上がっている。




    その先も期待してしまうくらいだ。





    会話もほどほどにシャワーへ移る





    ほどなくして

    下から見上げながら恥ずかしそうに

    彼女は言った。
















    『ホック。。。外してもらってもいいですか?』


    と。












    そんな事まで言えるのか。。。。。






    男のツボもしっかり抑えているのだ。





    淡々と脱ぐ子が多い中


    この一言の持つ力はなかなかなものだ。



    後ろに手を回し、ゆっくりとずらすと

    申し訳なさそうな膨らみから覗いた小さな突起が

    これまたなんとも可愛らしいのである。






    そして息を呑むような白い柔肌も


    奇麗である。








    そして身体を洗う時も

    彼女の気遣いは所々に散りばめられていた。



    申し訳なさそうな膨らみも

    そっと押し付けながら、

    時折見せる彼女の女の表情に


    少女から大人の女に変わる瞬間すら垣間見えたのだ。





    湯船に浸かりながら

    彼女はおもむろに私の小生を口に含んだ。




    ジッとこっちを見つめながら

    ゆっくりと丁寧に吸い上げる。


    女の表情をしておきながら


    急に少女のような表情でニコっと微笑む。





    私はこの時点で心底やられていたのだった。














    制服をあらためて身にまとい

    肩にちょこんと顔をのせる。








    思わず優しくキスをした。








    表向きは冷静に





    でも心の中では抑えきれない欲望に

    一心不乱でいただろう。





    柔肌のすべてを触るかの如く


    ゆっくりと



    ゆっくりと

    全身をまさぐった。




    彼女のうっとりとした表情に

    小さくピクっと反応する敏感な身体に



    私は虜になっていたのだった。





    整えられた毛の先に指を這わし

    一筋の割れ目をなぞる。




    彼女は潤いに満ち溢れ

    突起に触れると

    瞬く間に逝ってしまった。




    恥ずかしそうな表情に

    何度でもおかわりをしたくなるほどだった。



    もちろんおかわりは何回もさせていただいた。


    そのたびに小刻みに痙攣する彼女の小さな身体と

    薄紅色に染まる彼女の表情に


    可愛らしさと共に、美しさも感じるのであった。




    溢れ出る蜜のなかに指を滑り込ませ

    一定のリズムを刻む


    この感覚は。。。。。。



    そう思いながら少しだけ速度をあげた。








    『あっ。』






    という彼女の弱々しい声と共に







    溢れ出た蜜が

    シーツに滴り落ちるのであった。








    そこからは彼女は大人の女の顔をしていただろう。


    今まで見せていた表情とは違い


    大胆に上を向きながら声を漏らす。






    声もイヤラしい声になっていた。




    痙攣と蜜の垂れ流しを

    何度も

    何度も



    繰り返したのだった。








    もうすでに

    力が抜け、ヘロヘロになってしまっていた彼女を

    ゆっくりと寝かすと



    おっとりとした表情で見つめながら言った。









    『ちょうだい。。。。。』










    私もニコっと微笑みながら

    小生をゆっくりと滑り込ませる。



    滑り込ませてからはしばらくそのまま動かない。




    その間に

    女性の子宮が降りてきて

    その男のモノの形にフィットするように中で形が変わるらしいのだ。



    実際に映像など見たこともないが、

    浮気などをしてて、本命の人のを入れたときに

    アレ?っとなるのはこういう事らしい。



    これはなんとも神秘的な事だと思う。


    調べれば調べるほど奥が深い事でもある。












    動かし始めてからも彼女は乱れた。





    あの幼さが薄れるほどに違った一面を見せたのである。


    イメージが崩れるというよりは

    良い意味でのギャップにとらえられる感じだ。








    細い腰を掴み

    なんとも言えない背徳感も得られるのだが


    激しくしながらも優しくしてあげたい。




    そんな感情を抱かせる時間であったと思う。







    何度も痙攣し


    そのたびに締め付ける彼女の中は



    時間を忘れさせ

    他の事をなにも考えなくなるほど没頭させた。








    そして最後に彼女は甘えた声で囁いた。












    『中にちょうだい。。。』
















    被り物はもちろんしているにも関わらず



    それを忘れるほど変にリアルだった。















    ニコっと無くなった目で微笑む彼女の笑顔を見ながら











    私は発砲した。。。。。












    久しぶりに充実した時間だったと思う。



    満足という言葉では表せないかもな。



























    ありがとう。。。。。。












    終わった後も彼女の気遣いは常にあった。


    脚はガクガクと痙攣していたが。。。。。。









    『また来るね』




    と帰り際に社交辞令のようによく言うが

















    『また来るね』









    二言はない。












    そうして後ろ髪惹かれながら店を後にする。







    空には鱗雲が見えた。


    気分が良い。


    何故みんな下を向いて歩くのだろう。

    ひがみや妬み、自己嫌悪

    みんな抱えながら生きている。


    少しだけ上を見上げてみれば

    見える景色は皆平等に与えられている

    少なくとも鱗は同じだけ見えるだろう


    容姿や稼ぎに関係なく






    皆繋がっている。






    さっきまでの体験も










    平等である。









    【個人的主観による評価】

    ビジュアル  ★★★★☆
    スタイル   ★★★★★ 細くて個人的に凄い好きです。
    テクニック  ★★★☆☆ 普通ですが、素人感を楽しめるかと思います。
    性格     ★★★★★ 滲み出る良い子です。
    感度     ★★★★★
    パネマジ   ★★★☆☆ HPの写真からは髪型などからか若干変わりますがマイナスではないです。
    コスパ    ★★★★☆

    ※目安料金 20000~25000/60分(時間帯・本指名料などで変わります)

    可愛らしさ、細身、素人感、感度、どれも自分には好みに嵌りました。
    擦れてるところもなく、そこまで人気嬢ではないのも個人的にはプラスです。
    同じ好みの方がいらっしゃれば満足されるのではないでしょうか?
    おすすめです☆



    【店名・女の子の名前は有料版へ】
    有料版では文章は同じですが冒頭に店名と女の子の名前を記載してあります。
    気になった方は覗いてみて下さい。

    note版はこちら ※内容は一緒ですので御利用しやすいほうでお願いします。
    https://note.com/nureta_eriashi2/n/n2fce8f37746d




    可愛い子ばっかりですが覗くだけで深入りは禁物?
    私は最近は見てるだけですが。
    スポンサーサイト
    [PR]

    プロフィール

    nuretaeriashi

    Author:nuretaeriashi
    御拝見頂きありがとうございます。
    当方、いたって見た目も稼ぎも普通のサラリーマンです。
    過去には仕事で全国を回り各御当地で風俗を楽しんで参りました。
    方言と触れ合ってみたり、美味しいお店を聞いたり
    また違った楽しみ方もありますよね☆
    ピンサロ・ヘルス・ソープ・マッサージと気になった所には自ら足を運んでみるようにしてます。
    でもやっぱり月に数万円と決めた中で風俗に行くからには失敗したくないのが本音。。。
    どんなにHPの写真や写メ日記・プロフィールを凝らしてみてもなかなか思い通りにいかないのが大衆店。もちろん人それぞれ好みもありますので当たりと思う人も自分には合わないなと思う人もいるわけですよね。
    それならば、自分と好みの合う方でしたら喜びを共有出来るのかもしれません。
    良くも悪くも正直に、
    大切な給料を少しでも良い時間に使える為のお手伝いが出来たらと思います。
    こういう情報は無料でどこにでも転がっていると思う方もいらっしゃると思います。
    ただその情報が正しいのか釣りなのかも判断しなくてはなりませんし、
    タイプをピンポイントに絞る事で共感しやすくなるのではと思っております。
    そして自分がまた指名するであろう子の事も記載しますので
    必要な人のみが確認できて、予約状況など少なからず足止めになればという思いでございまして
    お駄賃という形でありがたく頂戴させていただきたく思います。
    御理解の程、宜しくお願い致します
    m(_ _)m

    【はじめに】という記事にざっくりとした
    当方の好みや狙いどこを記載しておきますので、それを参考に記事の購入を御検討頂けたらと思います。

    最新コメント

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR