FC2ブログ

    138cmの圧倒的低身長。未成年?いいえ、合法ロリの世界へ。【移籍情報】

    【138cmの圧倒的低身長。未成年?いいえ、合法ロリの世界へ。】  コスパラ(吉原/ソープ)【らら】さんレポ
    1番読まれていた記事ですが、こちらの記事は女の子が辞めた為、無料公開中です。
    新たな移籍先がわかりましたので記載しております。
    有料記事内は移籍先の店名と名前のみです。
    ご興味がございましたら宜しくお願い致します。
    Purchase and enjoy MagabloSM!
    This content is a MagabloSM (pay-to-view).
    Purchase this content to continue to read!
    What is MagabloSM?
    スポンサーサイト
    [PR]

    【無料版】まだシャワーも浴びていないのに。。。幼い顔で優しく頬張る彼女。【吉原/ソープ】○○○さんレポ


    年明け早々に

    数日前ではあるが、もうすでに昨年末の事。。。。





    ここへ来て寒さも本格化し

    身体に突き刺さるような冷たい風に

    乾燥した空気がヒリヒリと肌に感じる年の瀬。



    私は毎年年末になると必ずというほど

    以前からずっとお世話になっていた
    伝説的な潮吹きをする元風俗嬢に連絡を取り

    挨拶周りとまではいかないが
    ホテルで会い、お互いの近況などを話しながら
    ゆっくりと過ごしていた。


    そして1年の垢を落とすかの如く
    これでもかというほどに彼女に絞り取られていたのだ。

    もちろん搾り取られるのは金品ではなく精力のほうだ。



    なんだかんだで彼女とも長い付き合いになり

    特に要求されるなんて事もなく

    久しぶりの知り合いに会うような感覚だった。



    そんな年上の彼女はもう良い歳だし、

    若い子が好きな自分にとっては対象外なのだが

    以前、彼女がまだ働いていた頃に

    彼女とヒメゴトをいたすと
    競馬で万馬券が当たるという事が2回続いた。



    そんな事があってから、
    彼女は自分の中でのゲン担ぎ的な存在になってしまったのだ。

    彼女自身も
    『私はアゲマンなんだよ。』
    と口にした事があり、

    今まで相手にしたお客さんにも少なからず運気が上がる事例があったらしい。


    そんな事もありながら
    私はいつしか彼女を崇めるようになっていたのだ。



    そんな彼女も今年はコロナで実家に帰省したまま
    親の面倒を見るようになってしまった為、

    例年の行事は行えなくなってしまった。




    ならばと今年入った嬢の中で
    もう1度入りたい子にお礼参りでもしようかと。。。。




    悩んだ結果『この子』に決めた。


    この嬢も人気はそんなになさそうだが、
    また入りたいと思わせる
    自分の中では隠れた良嬢である。



    事前予約し、
    久しぶりに会うのを楽しみにしていたが矢先。。。

    前日になり、
    (急遽出勤出来なくなってしまった。)
    と店から連絡が来た。


    残念な話ではあるが前日に連絡してくれただけありがたい。

    それならば別の子をと探すが
    入りたい子は年末の出勤が無かったのだ。

    どうにもこうにも路頭に迷ってしまったのだが
    ふとこの記事の店の事を思い出した。



    調査がまだ途中だった。

    以前入った子がすぐに辞めてしまい。

    他の店でも入りたい子が多すぎて埋もれていたが
    これも良い機会という事で思わずHPを見た。


    いつもなんとなくワケありっぽさが垣間見えてしまう為
    気になる程度で終わってしまっていたわけだが

    今回は、日記の内容からも
    接客が良さそうな気になる子を見つけた。

    なんとなく直観ではあるが
    期待出来そうな雰囲気だ。


    当然の如く電話をすると
    80分だけ空いていたのだ。

    この店は、格安店の部類になり
    ロングで入っても普通の店と同じぐらいの価格で
    さらにはサービスがあの内容だ。

    ほとんどの子が完売状態になってしまうほどの人気店ではある。

    ホントは120分とかでまったりと過ごせたらなんて思っていたが
    考えが甘かった。

    むしろ空いていただけ良かったのだろう。

    すぐさま枠を抑える事にし

    時が明日になるのを
    待つことにした。


    そして時は経ち、
    当日の確認連絡をしたときに事は起きた。


    『申し訳ございません。当日欠勤になってしまいまして。。。』


    まただ。。。。。



    やはり師走なのだろう。

    どうやらみなさんお忙しいらしい。

    完全に路頭に迷うような形となってしまった。



    焦って他の気になる子の出勤をみるが
    やはり出勤していない。

    とりあえず
    この溢れ出る性欲を落ち着かせ、


    今日は諦め、
    年末の凄し方を改めて練り直した。


    ダラダラとテレビをつけながら
    ひたすらシティヘ〇ンを眺める。


    そんな事をしていると

    ふと画面上に変化が起こった。




    以前から入ってみたいと思っていた子のうちの1人が
    明日、出勤になっているではないか。。。。

    そして日記が更新され
    『急遽明日出勤します』と。。。。。


    。。。。。



    なんとなく。


    なんとなくではあるが、

    御縁を感じた気がしたのだ。



    そこにはすぐに予約を取っている自分が居た。


    彼女は以前から日記で気になっていた。

    文才があり、
    読んでいるだけでこちらの想像を掻き立てられ
    どんな事が起こるのかワクワクさせてくれていた。


    そのせいで、勘違いをした酷い客が増えたのか
    過去の日記は消してしまい
    客1人1人への日記もなくなってしまったが


    『ルールの範囲内で出来る事はなんでもしますので言って下さいね。』
    ホスピタリティを全面に打ち出していたのだ。

    この子にはぜひとも会ってみたいと。



    そうだ。吉原へ行こう。




    もうこのルートも手馴れたもので
    決して近くはないが
    苦でもない。


    普段から寒いのが異常に嫌いで
    この季節は外に出たくないのが本音だが

    それでもそんな私を外に連れ出してしまう
    性欲というものは
    とてつもない生きる原動力であると
    つくづく驚かされるのである。



    同志達の待合室も
    蜜を避けながらも賑わっている。

    考える事は皆同じだ。

    それぞれが思い思いに
    1年を締めくくろうとしている。


    そんな事を考えながら
    ただひたすらに冷えた手を暖めていた。

    冷たい手で触るのは申し訳ない。



    そして番号札が呼ばれ

    カーテンの前で御対面の時間となった。



    『こんにちわぁ~。』


    そこには
    若干、幼い表情と幸の薄そうな顔立ちではあるが
    雪のように白い肌に
    ツヤツヤで綺麗な髪を持った女の子が立っていた。

    スタイルはスリーサイズで見て思っていたほど細くはないが
    まぁこんなもんだろうという標準的な体型。

    背は低く
    どことなくほんわかとした可愛らしい空気感だった。



    部屋まで案内され
    そのまま少し話していたが

    決して
    おぉ!可愛いと
    ファーストからくるパンチではなく

    雪国で温かい飲み物を出された時のような

    内からジワジワと滲み出てくるような
    暖かい可愛さを彼女は持っていた。


    それは容姿からも
    言葉からも出てくるものであった。


    この時点で私の年末は
    良いものになりそうだと実感できたのだ。


    派手な顔立ちではないが
    私的にはむしろナチュラルなこの雰囲気のほうが好きだ。



    可愛いねと伝えても

    『私なんかがとんでもない。』
    と言ってしまうような

    自分に自信を持てないタイプなのだろう。



    まだ数分しか話していないが
    彼女の作り出す雰囲気に
    どことなく癒されている自分が居た。


    時折、彼女は恥ずかしそうに指をそっと触れ
    手を繋ぎたそうな表情をする。

    このお仕事感を出さない感じ。

    私のツボを大いに刺激した。


    そして彼女は瞳をウルウルさせながら見つめ
    そぉっと
    口を近づけてきた。


    『キスしても、いいですか?』


    そう来るのか。


    『まだ歯も磨いてないけど大丈夫?』



    必ず風俗前には家でシャワーを浴びて、歯も磨いてはいるが

    店のルール上ではシャワーと歯磨きは初めに入っている。



    『ちょっとだけ。。。。。』



    その言葉を言われた瞬間に
    私はもうやられていた。



    優しくキスが始まり
    気が付けばお互いの手は
    お互いを優しくまさぐっていたのだ。


    ゆっくりとした時間が流れ
    彼女の吐息は徐々に荒くなっていた。。。



    その彼女がベルトに手をかけた事によって

    シャワーへ行くものだと私は思っていた。




    私の小生を表に出した彼女は

    そっと
    下から私を見上げた。



    そしてゆっくりと口に小生を頬張ったのだ。



    私の興奮は抑えきれないほどになっていたが

    いちお形式上ではあるが
    『シャワー入ってないけど大丈夫?』
    と伺ってみた。





    『お兄さん、綺麗そうなので大丈夫です。』
    『このまま舐めててもいいですか?』

    と。。。。。。





    そんな優しい笑顔で言われたのは初めてだ。

    この包み込むような暖かい雰囲気の中
    イヤらしい事をする彼女に
    完全に持っていかれてしまったのだ。




    一説に、クレオパトラは自国の兵士の士気を上げる為に
    兵士たちを口で奉仕したとの説があるが


    そんな決起だったものではなく



    戦いに疲れた兵士を
    癒し包み込むかのような
    博愛に満ち溢れたものだった。





    そして居ても立ってもいられなくなった私は

    そっと彼女に手を伸ばし
    優しく彼女を責めたてたのであった。



    表には出していないものの
    興奮状態にあった彼女は

    すでに全身が敏感になっていた。


    そっと肌に触れるだけで反応を示し

    暗闇の中の秘部は
    十分にしっとりとしていた。

    プロフィールほどの胸もほとんど無く
    太腿もムッチリとした感じではあるが
    これがまた彼女の生々しさを醸し出していた。


    完璧どころか良い方でもなく
    普通といったところだろう。

    その普通がやたらリアルだった。


    そしてそこを補う感度の良さが
    私にさらなる興奮を与えた。


    ちょっと激しめに責めるのが好きではあるが

    彼女の感度には
    そんな責めは必要もなく

    ただただゆっくりと優しく責めるだけで
    何度も何度も逝ってしまうのだ。


    優しく暖かい雰囲気の中で
    彼女の身体の痙攣だけが
    ゆっくりとしたリズムに逆らっていた。


    ひたすら逝き続ける事に
    喜びすら感じている彼女は

    もっと、もっとと目で訴えた。


    生粋のMなのか
    ただただ仕事を頑張るためのM風なのかはわからないが

    これは変な客が増えそうだなと実感した。

    そしてそれは彼女の服がはだけた時に確信した。

    肩にキスマークがついていたのだ。

    『これどうしたの?』

    と聞くと

    お昼のお客さんにつけられてしまったらしい。

    けっこうな問題であると思う。

    ただ、
    これを彼女が出来る範囲で叶えますの
    出来る範囲だったのかは定かではない。

    彼女にはそこまでは聞かなかった。
    もしかしたら彼女が許可していたのかもしれない。




    指名を取るためにあえてハードにやっている可能性もあるし

    なんでも叶えますで客の要望がどんどんハードになってしまっている可能性もある。



    でも私には

    自分に自信のない彼女が
    自分を指名してくれる事にありがたみを感じ
    一生懸命全身で受け止めようとしているように思えた。


    それが彼女にとって良いか悪いかまでは分からないが
    仕事という枠の中で
    人と人という枠にまで掘り下げて
    全力で取り組もうとしているのかもしれないと。



    そんな事を考えていたら
    急に彼女が愛おしく思え

    この子には
    優しく
    普通の事をしてあげたいと思ってしまった。

    こうして欲しいやこうしたいなど要求もせず

    ただただこの時間を普通に楽しもうと。



    そんな事を考えながら

    私は彼女の中にゆっくりとお邪魔していた。




    薄いゴム1枚を挟んだ先に伝わる
    彼女の包み込むような生暖かさをしばらく感じながら

    ゆっくりと、
    ゆっくりと腰を動かす。


    すると
    『気持ち良ぃ、気持ち良すぎる。。』

    と小さな声を出しながら
    全身を身震いさせ彼女はすぐに逝ってしまった。



    そのまま腰を動かし続け

    何度も何度も

    彼女は痙攣した。



    『キスがしたい。。』


    とせがむ彼女。



    なんとなくだが

    彼女は人に必要とされたいのでは

    と思ってしまった。




    どことなく哀愁感ただよう空気にはなってしまっているが

    少なからずこの時間は


    優しい時間でありたいと思っていた。






    私の勝手な妄想で

    真相などは追及するつもりもないが



    人に優しくありたいとすら思ってしまった。




    その勝手な自分のマインドコントロールのせいか

    単純に身体の相性が良かったのか


    普段、後ろから突くのはあまり気持ち良いとは感じず
    そこまで好きではないのだが


    この時ばかりはやたら気持ちよく感じた。


    彼女のムッチリとした太腿と尻が
    とても柔らかく恥骨に当たり

    心地の良いものであったのだ。




    もう何度彼女が逝ってしまったかもわからないほどに

    痙攣を見ては興奮していた。


    そして再び向き合い
    そろそろ終わりに持っていこうとすると


    『中に出して。。。』

    と彼女は言った。

    もちろんゴムはしているが
    この台詞はなんど言われても嬉しい言葉だ。


    そこは彼女のプロとしての力量を感じたが

    言っておけば喜ぶでしょ?みたいな感じがなく

    とても自然だった。



    その言葉で私はさらに欲情し








    発砲した。






    事が済んでようやくシャワーである。


    そんな中の会話でも彼女の人の良さが滲み出ていた。






    いろいろ勝手に妄想したが

    また1人、お気に入りが増えてしまった。


    確実にまた入るだろうと実感した年末であった。




    そしてまた来るという約束をし

    店を後にしたのだった。




    繁華街を戻ると
    上手く説明は出来ないが
    年末感が街や人手から伝わってくる。


    今年はいろいろあったが

    そんな中でもいろんな子に会い

    年の最後も良い状態で締めくくる事が出来た。



    勝手にいろいろ考えさせられたが

    理由はどうあれ

    本心はどうあれ




    今ある仕事に真剣に向き合い

    人と向き合う事が

    どんなに大変な事か。



    そんな人に

    優しくありたい


    そんな心持ちだ。



    空気が澄んで
    月明りは想像以上にこちらを明るく照らし


    オリオン座や
    冬の大三角形が良く見える。

    小さな頃から冬の大三角形は好きだった。

    ただ小さな頃はそれしか見えていなかった。




    大人になったら

    そのまわりの星も目につくようになった。



    澄んでいたら

    人の中もいろいろ目につくのかもしれないね。




    そしたらあの子の心の内も理解してあげれるかもしれないな。




    【個人的主観による評価】

    ビジュアル  ★★★☆☆ 幼い表情に肌が白く柔らかい雰囲気の可愛らしさです。
    スタイル   ★★★☆☆ 細身が好きなので若干ムチっとしてますが普通です。胸は無いですね。
    ホスピタリティ★★★★★ これはなかなか出会えないです。
    性格     ★★★★★ おっとりおしとやかですが、あの優しい空気は凄いです。
    感度     ★★★★★ とにかく逝きます。

    ※目安料金 20000~25000/60分(本指名料・時間帯などで変わります)

    とにかくこの子の仕事への向き合い方は素晴らしいと思います。
    そして主観ではありますがまだまだその先の良い事がありそうな雰囲気です。
    ただし、人によって多少変わるとは思いますので、優しくしたほうがサービスが
    良くなるのではと思っています。もし周りが過剰にハードな事を求めているとするならば
    ソフトに行ったほうが印象は良くなりそうですけどね。。
    これは引き続き検証すると思います。


    よかったら参考にしてみて下さい。





    【店名・女の子の名前は有料版へ】
    有料版では文章は同じですが冒頭に店名と女の子の名前を記載してあります。
    気になった方は覗いてみて下さい。
    https://nureta-eriashi.fc2.xxx/blog-entry-27.html



    まだシャワーも浴びていないのに。。。幼い顔で優しく頬張る彼女。【吉原/ソープ】○○○さんレポ ※記事本文では女の子の名前も記載されております。※

    Purchase and enjoy MagabloSM!
    This content is a MagabloSM (pay-to-view).
    Purchase this content to continue to read!
    What is MagabloSM?

    【無料版】その膨らみに膨らむ。ロリ顔でスタイル抜群。気さくなあの子は細身に申し分ない膨らみ。 (吉原/ソープ)【○○】さんレポ

    世間を脅かすあのウィルスは、



    私の行動力も奪っていた。


    行くべきか行かぬべきか。

    国の補償ですら蚊帳の外で

    当然彼女たちの稼ぎはなくなってしまう。



    リスクと思うべきなのか
    せめてもの恩返しと思うべきなのか






    正しい判断が何かすら曖昧な状況で

    日々が過ぎてゆく。。。









    今、自分に出来ることは何があるだろうか

    自分を今一度見つめ直し、じっと考えてみるのであった。











    そうだ、吉原へ行こう。











    国のGo toなんてものは待っていられない。


    そう胸に刻み




    私はGo toするのである。







    今回はシティヘ〇ンであらかじめ気になってチェックしていた子の中から
    選ぶ事にした。


    お気に入り登録をしたこのマイヘブンは

    気に入った子しかいない。

    私の天国である。





    マイヘブンとは良く言ったものだ。



    ただ、ひとつ気がかりなのは
    気になった子が多すぎて
    私の予算ではコンプリートするのに7年はかかる計算になる事だ。


    このまま増え続ける事を考えると10年以上はかかるのだろう。




    その間に辞めてしまう子ももちろんいるであろうし


    裏を返さない限りは、まさに一期一会な関係であるとも言える。







    そんな事を考えているうちに電車に揺られているのであった。






    この店は初めてになるが
    宣材写真よりも、日記の写真が気になって仕方がなかったのだ。






    どうやら好みすぎる。






    スタイルも良さそうで

    顔も好みの雰囲気だ。






    期待に胸を高鳴らせながら
    なにやら昭和の匂いがやたらする建物に入る事になったのだ。




    ソファー・ガラスの大きい灰皿


    どこか懐かしい雰囲気にノスタルジックな感情を抱いたのであった。







    待つこと数分


    準備が出来ました。
    と、ボーイのお迎え。








    カーテンをめくらさせていただく事にした。





    『こんにちわぁ!』













    どうやら可愛い。








    歯の矯正をしていたりで
    日記の写真とは若干の誤差はあるものの
    普段、手などで口元を隠している部分を隠したら
    ほぼほぼそのままだとは思う。



    隠れていた部分への
    私の勝手な想像が若干誤差があった程度だ。

    総じてマイナスだとは全く思わない程度である。





    幼顔で、十分可愛いのだ。




    そして小柄な身長に、にこやかな笑顔。

    会った瞬間にこの先の安泰を保証するものであったのだ。








    そして彼女はよく喋る子である。



    とても気さくで明るくて


    喋るとは言っても言葉に柔らかみのある話方で

    印象はとても良く感じられた。





    しいて言うならば
    日記で見てた写真で勝手にイメージしてたのは








    おっとりしてそう。







    だった。





    ある意味期待を裏切られた形になった。

    これはこれで良いと思う。








    では、

    お風呂の時間だ。






    彼女がワンピースを脱ぐと







    きめ細かな綺麗な肌が現れた。





    細身で無駄な肉はそぎ落とされ

    それでいてそこそこ膨らみのある


    綺麗な身体であった。





    とてもバランスが良いと思う。



    膨らみの小さいのが好みの私だが

    この細さでこの膨らみは











    恩恵である。











    ただ、ひとつだけ残念な事があるのだ。











    腕にお絵かきがあるのだ。












    私は、お絵かきが苦手である。










    それさえなければかなり良いのだが。







    ただ、

    彼女の雰囲気やそのスタイルは




    そんな私を少しばかり受け入れさせたのだ。








    気にならない事はないが

    今までに比べたら
    気にしない私がそこにはいた。











    この件はこれにて
    気にしない事とする。







    優しく泡で私の身体を包み

    丁寧に洗っていく。



    ちょこちょこ見せる気遣いも


    そんな彼女の人の良さを表していた。







    お風呂中も彼女は流れるように話していくのだが、

    話せば話すほど彼女は活発な子というのが伝わってくる。




    気づけば自分も乗せられて
    ずいぶんといろんな話をしたのではないだろうか。







    この彼女の性格が

    後の前振りになった時は驚いた。





    いざ、事が始まり


    私はいつも通り責めさせていただくのだが、



    彼女から漏れる声は

    トーンが変わり





    とても可愛らしいものであったのだ。









    今までの活発さが影を潜め






    甘い女の子がそこにはいた。





    このギャップに私はやられてしまったのだ。







    こういう時にしか見せない


    表情


    感度の良さ







    全ての要素が私を夢中にさせるものであった。






    甘えた声で私の名前を呼び

    その細い身体を何度も震わせ


    彼女は果てるのであった。









    柔らかな膨らみに




    美しい不毛の地





    肌の滑らかさがより一層
    興奮を覚えさせる。







    小生がお邪魔させていただいてからは



    しがみついたり



    ウルウルと煌めく瞳でこちらを見つめながら


    再び何度も果てるのであった。












    時折、私の視界に入ってくるあのお絵かきは







    もはや私の視界の中の色素でしかない。





    点ではなく

    面で見れていたのだろう。







    大丈夫だ。








    そして彼女の頭をそっと抱えると




    髪まで綺麗だということに気づいた。






    髪の綺麗な女の子は

    これだけで色気が増すものだ。









    十分すぎるほどに私を夢中にさせ




















    発砲した。











    事が済むと、気さくな彼女がそこには居た。







    ただ、
    少しだけ恥ずかしそうな表情をしたのを

    私は見逃さなかった。







    笑顔で見送られ


    襟足を濡らしながら


    私は駅に送られた。









    何故だか私は多幸感に包まれている。



    どうやらオキシトシンが分泌されているようだ。


    何故だか、と言いながらも


    わかっている。








    だが、なにやら今日はやたら良い日に感じた。

    その感情は

    コンビニで私に募金をさせたのである。








    徳を積んだ。








    そんな事も頭に描きながら。。。。。。。


    時は経て、
    また彼女に会いに行くのであった。




    【個人的主観による評価】

    ビジュアル  ★★★★☆ 歯の矯正はあるものの、幼顔で可愛いです。
    スタイル   ★★★★★ 小さくて細くて胸もそこそこ。贅沢ロリです。
    テクニック  ☆☆?☆☆ ほぼ責めていたので測定できず。
    性格     ★★★★★ おてんば感はありますが、明るくて良い子です。
    感度     ★★★★☆ オーバー過ぎず、感度良好。

    ※目安料金 15000~20000/60分(時間帯・クラス指名料などで変わります)

    お絵かきさえ気にならなければ、この価格帯のお店にしてはコスパはけっこう良いのではないでしょうか?個人的にはツボにヒットしました。実際、何回か裏を返してます。
    接客も、また来てもらおうと気遣っている面が見られて好印象でした。
    参考になりましたら幸いです。


    【店名・女の子の名前は有料版へ】
    有料版では文章は同じですが冒頭に店名と女の子の名前を記載してあります。
    気になった方は覗いてみて下さい。

    note版はこちら ※内容は一緒ですので御利用しやすいほうでお願いします。


    その膨らみに膨らむ。ロリ顔でスタイル抜群。気さくなあの子は細身に申し分ない膨らみ。 (吉原/ソープ)【○○】さんレポ ※記事本文では店名・女の子の名前も記載されております。※

    Purchase and enjoy MagabloSM!
    This content is a MagabloSM (pay-to-view).
    Purchase this content to continue to read!
    What is MagabloSM?

    プロフィール

    nuretaeriashi

    Author:nuretaeriashi
    御拝見頂きありがとうございます。
    当方、いたって見た目も稼ぎも普通のサラリーマンです。
    過去には仕事で全国を回り各御当地で風俗を楽しんで参りました。
    方言と触れ合ってみたり、美味しいお店を聞いたり
    また違った楽しみ方もありますよね☆
    ピンサロ・ヘルス・ソープ・マッサージと気になった所には自ら足を運んでみるようにしてます。
    でもやっぱり月に数万円と決めた中で風俗に行くからには失敗したくないのが本音。。。
    どんなにHPの写真や写メ日記・プロフィールを凝らしてみてもなかなか思い通りにいかないのが大衆店。もちろん人それぞれ好みもありますので当たりと思う人も自分には合わないなと思う人もいるわけですよね。
    それならば、自分と好みの合う方でしたら喜びを共有出来るのかもしれません。
    良くも悪くも正直に、
    大切な給料を少しでも良い時間に使える為のお手伝いが出来たらと思います。
    こういう情報は無料でどこにでも転がっていると思う方もいらっしゃると思います。
    ただその情報が正しいのか釣りなのかも判断しなくてはなりませんし、
    タイプをピンポイントに絞る事で共感しやすくなるのではと思っております。
    そして自分がまた指名するであろう子の事も記載しますので
    必要な人のみが確認できて、予約状況など少なからず足止めになればという思いでございまして
    お駄賃という形でありがたく頂戴させていただきたく思います。
    御理解の程、宜しくお願い致します
    m(_ _)m

    【はじめに】という記事にざっくりとした
    当方の好みや狙いどこを記載しておきますので、それを参考に記事の購入を御検討頂けたらと思います。

    最新コメント

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR